過去頒布作品の公開について


既にtwitter上では何度か宣伝したのですが、2009年の秋に頒布した「少女と少女と少女の偽」という題名の作品を自サイトにて全文公開しました。誤字などの修正はほぼなく、また文章のみとなります。半年前にほぼ完売しまして、去年の冬に最後の一冊ももらわれていきましたので、丁度良いタイミングかなと。

わたしが書くものの傾向を最も如実に表しており、また後に続く作品の根っことなっているところもありまして、入門編みたいな位置付けになってくれればと少しだけ期待しております。実はもう一つ目論見がありましての公開なのですが、それはまた後日、明らかにできる機会がやってくると思います。

もう一つ、期間限定(今月一杯くらいを考えています)とさせていただく予定なのですが、2011年の春に頒布した「静止する風の少女」という題名の作品を自サイトにて全文公開します公開期間が終了したためファイルから削除しました。。こちらも修正などは特になく、当時の文章のまま、表紙や扉絵なども全カットしたバージョンとなります。元々特設サイトで3分の1ほど公開しているのですが、できる限り読みやすく体裁を整えました。

公開理由としてはいくつかありまして、一つには書籍版を買われた方に電子書籍版もあると捗るという意見を複数いただいていたこと。後日、きちんとした電子書籍版を作る際のたたき台にしたいということ(誤字脱字など指摘がいただければ良いなという欲はあります)、あとは書籍版の販促のためです。本棚に飾るだけで見事に映える重量感、表紙や扉の素敵なイラスト。手に取って、目に見て楽しむことのできる本であることを示すために、まず本文を読んでいただこうという考えです。

あとは「少女と少女と少女の偽」と同じ目論見を持っての公開でもあります。繰り返しになりますが、後日明らかになると思いますので、待てしかして希望せよ、の気持ちで待機していただけるとありがたいです。

公開は期間限定ではありますが、コピー防止などの処理は一切かけてないので、散逸もこれまた華かなあと思う次第。

ついでにですが、以前から公開しているものを紹介した過去記事を挙げておきます。新年度、ゴールデンウィークにかけて移動の多くなるこの時期のお供に忍ばせてみてはいかがでしょうか。

仮面の男 の紹介

やはり自分で管理できるブログが良いなと思い、心機一転しました。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク