コミックマーケット90のまとめ


今回、寄稿の件も含めまして報告することが何件かありますので、改めてこちらにまとめておきます。

コミックマーケット90ですが、二日目(8/13)のl-06a にて「La Mort Rouge」で参加しております。新刊ですが、サークルカットで予告していた菫子のお話は今回のイベントでは頒布されません。理由としてはページ数の増大に伴い、大幅にリスケしなければ間に合わないだろうという判断からです。

元々、例大祭に出したお話とは独立した菫子を登場させる予定だったのですが、東の魔女はもういないの「現実」と対になる「夢」の話をもっとしっかり書きたいという欲求が生まれました。ただそれを書くには深秘録の直後からの菫子をきっちりと描く必要があるため、一ヶ月程度の作業期間では到底、完成させられるものではありません。それに加え、夏にも秘封の新譜が出るので、その内容まで組み込んでしまいたいと考えました。

そのために頒布を秋以降、おそらくは次回の冬コミになると思います。

その代わりといってはなんですが、頒布物を新たに二つ用意してあります。一つは浮世の巫女(中)のシリアルコード版です。こちらは中巻の書籍版が頒布終了になったことを受けての対処となります。ダウンロードサイトに関しては、頒布するカードに記載されておりますので、そちらを参考にアクセスして頂けると。

もう一つは「犬も食わない話」という題名のコピー本を作って持っていきます。内容は以前、東京秘封で頒布したのと同じような、与太話成分の豊富な秘封です。その時の作品は当サイトで公開済ですので、興味があるならまずそちらをお読み頂けると良いかもしれません。新刊の内容は後日、サイトでも公開する予定がありますので、遠方で手に入れる機会がないという方におきましてはそちらに食指を伸ばしていただけると嬉しいです。

既刊につきましては「静止する風の少女」「第三の眼(上・下)」「東の魔女はもういない」「黄昏の王」の四作品を少部数頒布します。

今回、二つの合同企画に参加させていただきました。

一つ目ですが、ゼーガペイン10周年合同に短編を寄稿しております。一日目(8/12)、東L16a「BLUE EYES」にて頒布されますので、ゼーガ好きの方がおられましたら、お立ち寄りいただけるとありがたいです。わたしも一日目に参加できるなら行きたかった……。

二つ目ですが、秘封祭という題名の同人ゲームに短編を寄稿しております。こちらは二日目(8/13)、l24b「四面楚歌」にて頒布されます。秘封倶楽部の様々な結末を集めた作品ということですので、こちらも興味がありましたら是非ともに。

以上がコミックマーケット90の報告となります。よろしくお願いしますー。

仮面の男 の紹介

やはり自分で管理できるブログが良いなと思い、心機一転しました。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク